今日はできるでけ解りやすくたましい機能についてお話したいと思います!本文に入る前に神田沙也加さんが亡くなられたことに心よりお悔やみいたします。神田さんが幼いころ散歩していたのを拝見してましたので!たくさんの悩みを一人で抱えてしまったのかと思いますと悲しくなるばかりです。心は自分自身で自分自身の心を傷つけてしまうというコンプレックスの動きを持っていますのでコンプレックス群を正常に消化していくことは!イズムの社会では至難の業となります。当然神田さんの心のかたちの中にもたましい機能は存在していますが!このイズムの社会ではたましい機能を意識できるようになるには!相当の訓練が必要です。音楽なども役にたちません。芸術がどうもマスターベーションの世界(審美的世界)へ陥っているように感じます。一時の快楽のために存在する、心の形を変えていくものにならない!たましい機能は心のメールボックスと理解していただくと解りやすいと思います、そのメールはあなただけに届くメール秘密のメールです。そのメールは自己(無意識の広大な世界からとどくのですよ、時には記憶からも届きます)、当然相互通行です。またどういうわけか肉体、本能ルートを通じてくるのですね!その答えは簡単で皆様のたましいは肉体がなければ生きていけないのです。つまり肉体を変えるためのたましいなのですね!もうひとつのたましいの存在は混乱しますので今回はやめておきます。一方通行でなく相互通行にするには!大変な訓練が必要です、私達セラピストは毎日その訓練に明け暮れていますが!本音をいいますととても疲れます。

日本の精神科医では手におえない状況まで追い込まれていると私は考えています。中国的なイズムは恋の町、自由の町、香港を消し去ってしまいました。つまり西と東の調和の歴史を消したのです、この災いは中国に必然的にかえっていきます。中国のようになってはいけません。戦争が原爆と言う形でかえってきたように!現代人はイズム社会は精神の流行を生むことをしりません。小田急線の事件、京王線の事件、セクハラ、パワハラ、煽り運転、虐め、政治家の不始末、日大の事件、そして大阪の放火事件!まるで分裂列島のようなありさまです。男性が本性(心が生まれる)を生きられない社会とは怖い社会です。なぜ統合できないのか?それは遺伝子イメージに耳をたてないからです。私たちの体内にある歴史!中枢神経系にある本能の歴史に耳をたてなければいけません。一人一人が感性という才能があるのに!感性が人格にUPデートしていかないのですね!その証明が日本の経済がだめになっていることです。創造性という無意識のからのメッセージがこないのですね、半導体もだめ!風力発電もデンマークの一社に及ばないのですね!みなさん怖いでしょ!

大阪の事件でも心がUPデートしていかない!つまりたましいのルートが絶たれている。実は男の人が悪魔イメージを抱くようになると、とても危険なのですね!分裂状態統合されていない状態です。京王線の事件、小田急線の事件は妄想が肉体を支配して現実的に動いてしまう。つまり意識の中に本能と関係を持つ動物的(肉体)な悪魔が入り込んでくる現象を悪魔的妄想現象と言います。セクハラ、パワハラ、煽り運転、等は軽度の精神障害!統合失調とみたほうが良いように思います。つまり虐めなどは統合失調の始まりですから!将来が危険なものになることをほとんどの親がしりません。たましい自体が分裂性をもちますので!たましいとの関係が年齢をかさねてもつかめないと!分裂の危険はたかまります。感性を人格に取り込めないイズムの社会の抑圧は若者を中心に正常な本能活動が抑え込まれてしまいます!つまり創造活動が抑えこまれてしまい!シンボル(結合)の生成を抑えてしまいます。ゆえに本能は分裂して爆発してしまいます。

神田沙也加さんにも人生を生きることによりつかめる幸せがあることを思うと余計かなしくなります。まさに男親にとりイメージ世界は(夢想世界)、女の子というのは魔女といっても過言ではないと思います。この魔女は成長していくので男性にとり始末の悪いまたかわいいものですが!成長するとパパを攻撃してくるのは困ったものです。男性は魔女を抱えるのですから!自分自身が成長することが不可欠です。魔女をあしらうぐらいの器量がないと親はつとまりません。頭の良い魔女に成長していくように支えなければいけないのですね!また恋人の中にもこの魔女的要素を垣間見る男性は非常に多いのではないでしょうか?この魔女的ほほえみがうまい女性もいますので男性は注意が必要です。つまりイズム社会はつまらない社会です。大人の道を教えてくれる人材がいないのですね!生命の道(感性イメージ)とはとても複雑で神秘的で面白い道です。

魔女とは男性を中心に現れる現象です。つまり現実には存在いたしませんが!心のなかには魔女は現実的な夢想として実在するのです。イズム社会はこのような心の神秘的な現象を!遺伝的イメージをすべて捨て去る教育をしていますので!皆様が感性で感じなくなっている心の現実を知ること目的でもございます。また男の人は!男の子が生まれると不思議な微妙な感情が生まれます。つまり次の時代を生きる自分のたましいの肉体ができたという感情です。原始感情に近いものですね!

実は男性も女性も心の深いところでこの生命の中心に近いところに!創造性という霊が住んでいます。この創造機能というイメージを生み出す機能は現代では利用されることのないまま生命の成長は停止してしまいます。これは運命を受け入れることで初めて見え始めます。またセラピストにもとり相当な訓練で初めて意識できるようになりますので!45歳すぎないとなかなか意識に上らせるのは簡単ではありません。セラピストは当然このような訓練をしないとヒーラーとしてやっていけません。

全国に出張セラピー、講演活動もしておりますのでよろしくお願いいたします。とくにママの世界観はお子様の人生に強く関係してきますので!おこさまにママの世界観を押し付けてしまうとストレス、お子様の独自の世界観を導きだせなくなりますので気おつけてほしいことの一つです。

来年はセラピストの予備段階としてネットレッスン、また一般の方にはネッツ会員(有料)を募集いたしますのでよろしくお願いいたします。

花セラピストに関する質問、セラピストに関する質問などお気軽におよせください。実技レッスンは東京成城で集中レッスンを予定しています。

花遊 フラワーセラピー代表 戸井田 仁