皆さまこんにちは!今日は大切な無意識との関係の機能の独り言についてお話いたします。こどものころは意外と独り言は多かったのではないでしょうか?ままごともパパママのイメージを乗せて!の独り言のような・将来の夢を空想して初めてできるのですね!わたしもよく母が独り言を言っていた記憶がございます。つまり気分などの無意識がエネルギー化して!生活の意識と内的な無意識のバランス調整するのですね!夢なども疲れた意識のバランスをとる大切な機能なのですね。ちょっとしたコツを覚えると独り言セラピーが簡単にできるようになりますと疲れもとれますし!こころが少し楽になります。

それは人間のなかに遺伝的なイメージ遺伝子群という観念の海・無意識集合体群を持っているからなのです(集合的無意識群)。みなさまも記憶が芽生えるのは約3歳から4歳ぐらいで自我が働き始めると記憶装置も芽生えるわけですね!つまり自我を中心に意識と無意識に分けていく能力が自我の発達にかかっているわけですね!ですから煽り運転などは自我が発達していかないので無意識にこころが占領されてしまい!社会や自分自身を考える能力が心の構造にプラスされないのですね!自己愛といいますか本能が出てきてしまい!気がついた時には40歳すぎているとかそんな怖い状況に置かれてしまいます。現代の浦島太郎状況といいますか?一流商事会社などの就活レイプ事件もおなじように自我が発達しないという恐ろしい時代を迎えています。

さてこのような怖い時代をどう生きていかねばいけないか?ということが独り言セラピーに秘められています。

お話ししたとおり自我を境に無意識の世界は!独り言・夢・欲望・気分・愛・権力・多様な意識とともに常にあなたの生活の中に顔を出します。結婚生活の中にも当然意識の生活と無意識の生活があります。この無意識の生活を整理するのに独り言はとても役にたちます。まず独り言を呼び出すには上の写真のように自然の中でリラックスするのが良いのですが!普段の生活ではなかなかそうもいかず!お風呂あがりとか!お茶を飲んでリラックスした環境を整えていきましょう。お子様あおられる方・主婦の方は夜おそくまで一人の時間が取れない方は昼の時間でもかまいませんから静かな公園などで30分ぐらいでも一人になれる時間を作りましょう。

まず昼におきたこころの緊張したことなどを昼メモに取るのも良い手かもしれません。こころが緊張することで意識となるからです。ただ意識の裏側には無意識の動きが必ずありますのでそのことを理解してください。例えば好きな人ができるにはその前に必ず無意識の緊張があるわけですね!それは自分では気が付かないことで、未知の人への期待やら今までにないものを感覚が感じていたり、無意識の動きがあるのに気がつかない場合が多いのです。

心は多様な意識と膨大な無意識のバランスでなりたっています。生きるエネルギーもそこから湧き出てきます。独り言は意識と無意識のバランスを整理するのにとても役にたちます。お金がほしいなとか?旅行に行きたいなどとか?自分が今持っている欲求とか?気分などとか?期待だとか?頭にくるとか?そんなことでかまいませんので多様な心模様を言葉にまたはメモするなどして、無意識の動きを感じることが重要なのですね。

コロナが落ち着きましたら銀座のレッスンで!花セラピーの中で独り言セラピーについても詳しくレッスンいたします。ご期待ください。

花遊 花セラピー代表 戸井田 仁