無意識からのアクション!

悩みの坂道!(悩みの構造)NO1

悩みの坂道とは誰にでもあるものです。つまり自分と自分の関係!自分と他人との関係!また最も大切なのが自分の精神と肉体の関係ですね!精神はあなたの肉体に人生をプレゼンス(エネルギー)、つまり与えてくれます。私たちの生命に憑く自我はせいぜい100年程度ですが!精神は人類とともに1000年単位ですこしづつ成長しながら生きています。宗教が何千年と栄えてきましたし!お墓のない国はほとんどありません。誰もが恋をし!愛をはぐくみ結婚を通じて家族の関係を作り!形だけでも近親エネルギーで人生に満足を与えようとします。それこそ精神に導かれているからです。恋はするものでなく精神活動により動かされるものです。結論からいいますと悩みがあることは正常だということです。精神は生き続けますが!肉体は(自我)はわずか100年もないのですから!女性もお子様ができるととくに女の子ができると次世代への連続性ができますのですこし安心ですね!ところが40歳すぎから自分の女としての人生が始まってしまうのですね!人間は精神に所有されているのです。つまり神に自己に所有されていると言い換えることもできます。どうも精神と関係するようになると!精神は地道な人生を選択させようとしているようで仕方ありません。精神は一つ一つ経験することにより次へ進む道を開けてくれているようです。精神は人生の脚本家とも言えるように思います。愛を経験しているときは支配は影にかくれて!支配を経験しているときは愛は影にかくれます。

つまり精神はあなたの人生にドラマを与えてくれます。この精神を受け取れるか受け取れないかが!心の構造!つまり心の向きの問題なのです。この精神のプレゼンスを受けとることはとても難しいことですが!できるだけ高いところまで行きたいものです。大学を卒業しても知識だけでは生きられないのですね!最近大卒の犯罪の多さには驚きますが!知識は心の構造が歪んでいると精神化しないのですね!苛めは統合失調の始まりとも言えます。つまりそのときは良いのですが!未来がない可能性がたかまります。だから受け取れない人は、お金があっても学歴があっても受け取れないのですね。政治家もとても悪いことをしますよね!つまり精神(人格)からはじかれてしまいます。倫理性とは人格のこどもなのですね!人格がないと倫理性も生まれてこない!つまり精神を受け取れるか!受け取れないかは心の構造と関係しています。セラピストはこの仕事をしているのですね!京王線の犯人は受け取れないのでジョーカーの扮装で!精神が断片的に出てきてしまったのです。つまり妄想として!前沢さんにはもうしわけないのですが!宇宙へ行っても精神は受け取れないのです。人生が小さいものだとは感じられたのではないでしょうか?不思議なのですがセラピストは物理学も勉強する必要があるのですね!太陽は核融合なのですね!精神のダイナミックさと似ているのです。つまり肉体と精神の融合関係は物理学と似ています。ヒットラーもなぜ悪魔になるのか!集団妄想とは実に怖いですね!感染するのですね!刹那(情動)という次元まで落ち込んでしまいます。分裂とは本能に近いままだと意識の境界線が低いところにありますのでとてもまずいのです。精神を受け取れないと分裂が年齢とともに増えてきてしまいます。つまり自分の価値が認識できないのですね!

上の写真のように精神のメールボックスは見えないし!意識できないのです。生まれて3歳ぐらいまでは精神のメールボックスが盛んに働きます。つまり空想で現実を満たしていき!人生をドラマ化してくれます。実は女の子のママゴト遊びなどは!精神のメールボックスなのですね!精神の未来予想図なのです。だからママさんたちに警告なのですが!自我が心の深いところから浮かびあがるまでは!一緒に過ごすことをお勧めします。三つ子のたましい100までなのですね!また自我が動き始めて!環境などにより心の構造!つまり意識の構造が現代ではとても歪みやすくなっています。塾でいかに勉強させても知識どまりなのです。精神と結びつかないかぎり才能とはならないのです。ダンスばかり刹那ばかり教えても才能とはなりません。世界からどんどん遅れていきます。アップルの株価はものすごいですね!ネットとは今や精神を伝えることまでできます。下手な教育を飛び越して!未来は文科省も必要なくなるのではないでしょうか?スポーツなどの友達との肉体の問題がうまくいけばです。

 

お知らせ!

全国に出張セラピー、講演活動もしておりますのでよろしくお願いいたします。とくにママの世界観はお子様の人生に強く関係してきますので!お子様にママの世界観を押し付けてしまうとストレス、お子様の独自の世界観を導きだせなくなりますので気おつけてほしいことの一つです。ママに理解してほしいのは!お子様の才能とはお子様が自分自身で導きだせた心の構えが才能となります。つまり自分自身で自分の才能を使いながら成長していくのです。つまり心のバランスが才能の源泉になります。

来年はセラピストの予備段階としてネットレッスン、また一般の方にはネッツ会員(有料)を募集いたしますのでよろしくお願いいたします。

花セラピストに関する質問、セラピストに関する質問などお気軽におよせください。実技レッスンは東京成城で集中レッスンを予定しています。

花遊フラワーセラピー代表 戸井田 仁

涙はどうして溢れるの?「涙の源泉は関係性」

今日はなぜ涙は自然に溢れてくるのだろう?ということでセラピスト的に考えてみたいと思います。私達人間、一人一人には遺伝的な心の構造というものが存在いたします。フラワーセラピストはレッスンで!梅のお花等を擬人化していけることがございます。つまり涙が出るような生け方をできたらセラピストとしては一人前なのですね!フラワーセラピーでは擬人法、感情移入法といいます。自然のお花でないとできないのがいつも不思議に思います。またこの擬人法を応用したものを生徒さんにもして頂きますが!これでも心の全体的な構造が少しお花に乗り出てきますのは不思議なことです。また絵画アレンジ法の波動法もこころのリズムなどを見るのに楽しいレッスンです。

また心の構造により生のエネルギーの方向性、深さなどが一人一人違います。眠るとき叉はリラックして家にいるとき以外!外で家族以外の人に会うと心の構え(主体)が変化して緊張状態に入ります。家の中でも女性の場合は姑さんなどに対しては心はいつも緊張します。心理学的にいいますと関心のエネルギー(緊張と緩和)という主体の中に常に流れています。夢をみるのも無意識の流れがあるからなのですね!普段は適応のエネルギーとして!(生活のエネルギー)眠っているとき以外は流れています。これは無意識からのエネルギーですので!訓練をするとその動きがわかるようになります。どうも意識の緊張状態では怒りの涙はでますが!感動の涙などは出ないようです。例えば雅子様はパレードのとき、赤坂見付付近に車がさしかかるころ思わず涙を流されましたが!これは厳密にもうしますと!女性同士の心の深い層からきます、エロスの涙といえると思います。つまりパレードでの雅子様の涙は!女性同士の関係性の涙なのです!つまりパレードで雅子さまを応援にきてくれている多くの女性同士とのこころの涙!男性はエロスの涙には反応しない方が多いですね!女性の民族(家族を守る)としての涙とも言えます。つまり女性の心の深い層から来る根源的な涙です。

象の親子!

つまり涙とは関係性からきているのですね!恋愛映画などでは!つらい経験の共有!等。例えば直観力のある女性では!彼氏との会話から別れの予感を感性で感じた場合などは思わず予感の涙!というのも流れたりします。また心の構造が浅い女性は良く涙を流します。つまり感動しやすいタイプですね!感動しやすい分だけマスターベーション性があり!心の成長に関係していかない涙とも言えます。

こころが成長していく展開で私たちの人間の心も進化(変容)していきます。の群れもこどもが死ぬと他の親たちと群れの中で葬式みたいな行動をとるそうです。つまり死んだ小象に鼻先をつけて押すようなしぐさを!他の親の象たちもするそうです。まさに人間でいう葬式ですね!つまり象にも群れをつなぐ関係性があることがわかります。多くの方が感情で涙を流すと思っていますがこれはセラピストから言うと間違いです。本当の感情機能の持ち主は涙はあまり流しません。感情と感覚などの感性がミックスしていると意識が浅くなりますので!自分自身で悲しさを作る女性が多いのには困った現象です。こういう方は頻繁に涙が出るようです。また心の深いタイプの方はあまり涙は流しません、そのかわりに心が深い分、虐めなどに合うと危険となりますので親御さんは気をつけてあげてください。つまり心の構造により涙の出方も大きく違いをみせます。雅子様の涙は!子育てなど女性としての苦労を経験している女性同士の涙ですから!関係の経験が深いほど涙がでます。

一人の時でも!こころの中で彼のことを思った(関係イメージ)りすると涙がでてきますね!つまり涙とは自分のたましいと誰かが関係するときに深い涙が出るようです。しかし幼児はママになにかをねだるとき涙をながしますが!これは本能のなみだ、生命の涙と理解したほうが良いと思います。

発達した人間(想像性!関係性が豊になります)は象以上に多様なシーンで涙腺がゆるくなること理解していただけると思いますこの象の群で働く心を群れの心(集合的心)といいます。人間の社会でも本能に裏付けされた心があります。みんなが同じように動くこころを集合的心といいます。これが人間社会でも同じように感情、思考、などにも同じように当てはまります。(集合的心)人間社会では個性を勘違いしている人がとても多く、このみんなが感じたり、考えたりするこころを個性と勘違いしているのですね!現代社会ではこのような混乱で溢れています。また特殊な涙では思考の涙というのもあります。これは男性に多い涙ですね!

コンサートで偶然に出会った者同士が!たましいという無意識のコミニケーションで一つにつながりあうことでも涙が出てもきます。また個人的には恋人との別れ、親との別れ、愛の終わりなどにも涙が出ます。叉たましいを感じる場面などに遭遇すると恐怖も感じ涙が出るときもございます。

またなにか歌を聴いて高ぶり失神するのは男性ではなく!女性に多いのは!受動的な涙というのは女性独特の涙です。

とうぜん感覚的直覚からの涙もございます。山登りでのご来光のときに流す涙は!直観的な神への涙ということができます。人間とは複雑で神秘的な生き物です。私が今のコロナ下で一番心配しているのが!子供の発達障害です、人間のこどもも本能的には動物と同じなので!体のぶつかり合いで成長していきます。また社会の男の掟、つまり社会的慣習などは家族環境ではなかなか身に付きにくく!友達の関係で養われていくものですが!心理学的に言えば本能があるから人間は生きていられます。涙も当然本能と関係しているということが理解していただけると思います。

全国に出張セラピー、講演活動もしておりますのでよろしくお願いいたします。とくにママの世界観はお子様の人生に強く関係してきますので!お子様にママの世界観を押し付けてしまうとストレス、お子様の独自の世界観を導きだせなくなりますので気おつけてほしいことの一つです。ママに理解してほしいのは!お子様の才能とはお子様が自分自身で導きだせた心の構えが才能となります。つまり自分自身で自分の才能を使いながら成長していくのです。つまり心のバランスが才能の源泉になります。

来年はセラピストの予備段階としてネットレッスン、また一般の方にはネッツ会員(有料)を募集いたしますのでよろしくお願いいたします。

花セラピストに関する質問、セラピストに関する質問などお気軽におよせください。実技レッスンは東京成城で集中レッスンを予定しています。

花遊 フラワーセラピー代表 戸井田 仁

ネット社会の救いと死の問題!神様のプレゼンテーション「セラピストの目」

最近若者にネット社会の良いところが見えてきました。音楽なのど才能を生かしてユーチューブなどで、世界に発信して自分の才能を発信できることですね!つまり自分の持つ才能(たましい・ソウル)などを学歴社会(イズム社会)など大人の妨害を受けずに発信できることです。音楽配信などはたましいを主役に世界をターゲットにしているので!世界の人のたましいで繋がることができる。つまり意識的なたましい活動は必ず!たましい機能のルートというかたちで肉体(心)に伝わる。

日本の教育は地道なたましい活動のすばらしい人生があることを若者に教えない!愛する人とたましい生活をエンジョイする、そんな地道な幸せな人生が可能だということを若者に教えない。自分の才能を他の人が認めてくれたらやはり人間だから誰でもうれしい。ところが才能(たましい)は自分で使うために神様はプレゼンテーションしてくれていることをほとんどの人が知らない。神様(自己)のメカニズムはほとんどがそのようにできている。たましい生活を自分自身に恒常化させることは大変だが面白いと言ったほうが的確である。(遊びをせんとや生まれけむ)このレベルまでいけるには地道な時間が必要である。

ところがイズム社会は金の圧力が強い!イズム社会は虚栄心の世界だから!若者のエネルギーはそうは続かない!虚栄心を保つには精神も体もぼろぼろになってしまうことも多い。ところがこのたましい活動を生涯得るには地道な自己の展開が必要なのだ!たまたま売れてもあとが大変だ!

また矛盾するようだが死の問題は若ものこそ考えることが必要だ!たましいのルートこそ!才能とリンクしているからだ!死を考えないとたましいの道は現れてこない!

悲しいことは!一時は売れても必ず人間は死ぬことだ(肉体は宿命を持つからだ!)どんな芸能人でさえ死は必ずやってくる。どんな人であろうと肉体のエネルギーは終わりを告げる!このときたましいが生きることができるのは地道なたましい(自己)を歩んできた人たちだ!たましいが肉体から離れ上昇することができるからだ!肉体の消滅がそんなに怖くない人が世界には多くいる。人生はたましいの道として考えたほうが幸せのように思う。心のたましい現象とは心の事実である。

女性のたましいを救うのは男性のたましいが良いだろう!男性のたましいを救うのは女性のたましいである。セラピストは世界観つまりたましいだけが見える世界に悩める方を導いていかねばならない!性の交差性とは実に不思議な現象である。

花遊フラワーセラピー代表 戸井田 仁

独り言&空想「無意識からのアクション」

夢を見る人の独り言を聞いたことがある人は多いと思います。ママもキッチンなどで仕事中に独り言を言う人も多いと思います。少し前までは独り言を言うママは多かったのですが!最近は減ってきたように感じます。実は一人事とは夢と同じで無意識からのアクションなのですね!できるだけ夢をみたときは記憶しといた方が良いですね。ストレスを暗示している場合も多くあります。独り言も自然にストレスを言っている場合も多いのです。無意識から意識へのアクションとして無意識が何かを求めている場合も多いので気をつけていてください。女性の方が独り言が多いのは訳があります、心の構造が男性とは違い、常に無意識との接続性が高いのが女性なのですね!占い師さんが女性に多いのは心の構造が無意識との連結性が高いためです。

またお子様の空想などはとても大切な無意識からのアクションです。つまり幼児などの空想は未来予想図と考えてください。ママゴトも最近はへりましたが!女の子の未来予想図、女の子のイニシェーション(家庭生活)精神予想図なのでママは気をつけてあげてください。男の子は英雄イニシェーションなどが現れてきます!ママも愛の空想をするのと同じです。

花遊 フラワーセラピー代表 戸井田 仁