分類整理中

花セラピーはどうやって分析する?「性格と花」

こころとお花とは日本人にとり歴史的にも深く結ばれています。例えば皆さん花見をしますよね!私は桜のお花を女花(おんなばな)というカテゴリーに分けています。梅などは男花(おとこばな)の分類です。実は桜花(さくらばな)はなにか器(花を受ける・大地)を限定しないとその業をみせてくれない花なのですね!それよりも桜の花は眼で、愛でたほうが良いのです。魂と(無意識)の案内ができる花なのですねつまり女性的なお花なのです!ですから桜のお花は女性の方が難しいお花です枝垂れ桜は神様の贈り物と捉えると器が自ずと限定されていきます!実際にレッスンしていただくと心でそのことを体感できるのですが!花見とは感情移入つまり心理的にはこころをとり込むことなのですね!それを皆さまは無意識的にしているわけですね!私は男ですからやはり桜を愛でると必ず今はいない人が浮かんできてしまいます。

つまりこれを意識的にする人が俳優というわけです。小説家・音楽家の方にもこの感情移入が得意な方がいます。ゴッホは正反対なのですね!深いのです。抽象画家と言えると思います。花セラピーは色々な手法で皆さまの心の様々に存在する内容と!あともっとも大切なのが習慣的に出来上がってしまった。ご自身の心の構え方(方向性)をお花で知っていただくことが最大の目的でございます。涙をコントロールできる役者さんはすごいですね!感情移入を意識的にしてしまい!自分の心の中に相手を映しだしてしまうのですから!恋も無意識的な感情移入なのかもしれません。あんまり能力が高い役者さんは自分の業が理解できなくなってしまうのかも知れない危険に満ちています。恋は正常ならば最初は受動的な!外交現象ですが!愛が始まることで意識的な現実の愛に変化していきます。

つまりこの心の構え方を知らないと才能も決してのびないですし!ご自身の生命のすばらしさが見えてこないのがもったいないと思うからです。上のお花の写真をみていただくとわかりますが!よく使うあなたの長所は自然に発達しますが!影に隠れたもう一輪の花は色あせたままでその生涯を終えることになるからです。もったいないですね!藤井さんはプロの道を選択して学校へいかないことを決めて・自らもう一つの学校という好きな道を!逃げ道をなくしたように思います。この若さですごい決断だと思います。行きたくなったら行けば良いのです。藤井さんのように緊張度が深い方は!こころの緊張度が写真の女性のように深くなりやすくなり、内向します(無意識)ので考えすぎに注意してくださいね!

つまり男も女も心の構え方が性格なのですね!つまり男も女も大きく分けると2種類のこころの構え方に分類できます。また心も自分の努力がなければ疑似性格を維持していきますので!年をとると頑固になるのは心が発達を止めてしまうからですね!最近では蚕のように自ら吐いた糸で自閉的(パラノイア症)になってしまう。煽り運転などの犯罪が多発しています。

つまり心の緊張が浅い人がとても増えている現代社会を生きるにはとても注意しないといけない時代がきてしまいました。関係性の破壊時代と呼べば良いのかもしれません。例えば組織などでは!パワハラ・セクハラなどの個人的な精神管理の分野を新たに作らねばならない時代ですね!組織を利用した犯罪も多発しています。

例えば私的結婚生活では緊張度がお互いにコントロールできると離婚率なども低下してくるのではないでしょうか?やはりお互いが緊張する接点が違うということを理解していないと!結婚生活も重たいものになってしまいます。ただ緊張度の深い人はこころのエネルギーも内向するということですから!意識で消費されないことになると大変ですから緊張もほどほどにしてくださいね!

光りと闇の話をするととてもこの紙面ではできないのですが!私達も生命体ですから!当然肉体という闇と精神という光!両方をもっています。つまり生まれたときは誰でも観念という闇の中に生まれてきます。私達セラピストのテーゼでもあります自我が闇の子という捉えかたをしていないと花セラピーもできないのですね!花セラピー宜しくお願いいたします。 

花遊 花セラピー代表 戸井田 仁

見えない伴侶! NO1「もう一人の夫」

今日は見えない伴侶!(女性の立場からの無意識の構え)!ということで!女性の立場でも結婚生活ではほとんど見えなくなっているもう一人の夫、(無意識の中の男性性・アニムス)見えない夫をご紹介していきます。また当然独身女性の方も恋愛などは!見えない恋人(自分のこころの中の男性性)として現れてきます。一生この見えない夫としての男性を愛してしまう方も当然いらっしゃいます。男性の場合も見えない妻が当然います。女性の場合には父親のイメージが強すぎる方が多いので!もう一人の夫が実際のご主人に転移される方が多いですね!また理想の男性のイメージをご主人に求めてしまう女性も多いかと思います。人それぞれでもう一人の夫は多様な無意識生活をしています。

このように無意識生活はさまざまな本能的なエネルギーを持っていますが!前にも言いましたがさまざまなエネルギーの流れで面白いのが女性的な色が濃いのは!近親リビドーという本能的な家族エネルギーを持っています。当然男性にも働きます。また様々な川の流れのようにこの他にも多様なエネルギーの流れが!一人の人間の心の構造という大きな川のような自我の流れに注ぎ込みます。今日は見えない夫ということで!女性の無意識で働くアニムスという男性性をご紹介いたします。(女性の持つ男性性)

前回の雅子さまのパレードでも沿道にあふれた女性たちが雅子様にこの女性的近親リビドー(家族転移・血のつながり・結束の流れ)を投影(転移)して!思わず雅子様は魂機能でこのエネルギーを感じて涙してしまいました。特に女性においてはこの家族を繋げる力が強く働きますが!子育てのときは無意識で働く!女性の中のもう一人の伴侶(男性性・アニムス)!が躾などの面を社会的に担当していきます。このように女性界でも男性界でも様々な本能エネルギーと向き合うことが人生なのですね!何か強く精神的に痛めつけられたときに近親相姦リビドーを母の中に感じることもありますし!ですから女性は家族が中心に発達いたします。男性は現代では国家単位で働きますが日本の政治では無理だと思います、国民への裏切り行為が多すぎます。軍隊と国家などの組織ではこの本能エネルギーは大切です。アメリカファーストも男性的な近親リビドーつまり一体観のように思います。

森発言のように!母のスカートの影に隠れて女性を批判するような男性がこの国には実に多数存在してしまいます(母に取り憑かれている)。本人は女性性が自分の自我の中にフィードバックしていないので意識化されてないので死ぬまで女性のことは理解できません。自分の中の無意識に女性性に翻弄されてしまいます!結婚生活では自分の中のもう一人の妻を理解できないと!女性は理解できません。性の中に二つの性があることを理解している男性はほんのわずかです。結婚生活の中で二人の妻がいることなどを理解するのは!日本の教育では無理でしょう。

心理学後進国の日本においては!将来お子様が日本以外の国で生きてみたいと言った場合には、ママがその自らの才能の所在地を知ることで世界にはさまざまな世界があることをお子様に伝えることにつながります。心理学的にはお子様が両親像(イメージ)を持つのは4歳ぐらいだと特に天才的なユング博士はいいます。なぜお墓があるかというと!先祖を祭るわけですが!例えば男性の場合は両親像の特に母のほうが!私たちの両親像の母・父が神的なものにシンボルに置き換えられるのですね!ですから置き換えられたシンボルは神的なものですからお墓まいりには義務観が伴うというのは当然なことなのですね!