花療法士・花セラピストになる上で一番大切なことはなんですかと尋ねられたら?いつも答えるのが!自分を大切にする人と答えます。自分を大切にするには自分自身を知らないと大切にできないのですね!例えば感情移入はお花の場合でもするのですが!花セラピーの場合は感情移入を意識できないと!セラピーができないのですね!また感情移入ができない人もたくさんいます。別なタイプだからですね!あと一番大切なのは!こころは毎日変わるといっても良いので!つまり自分のこころの動き方を知らないと!セラピーはできないのですね!自分のこころの働き方と違いが理解できて初めて他の方の花療法「花セラピー」ができるのですね!例えば藤のお花は女性花ですが!感情移入できない方は別の方法で藤のお花の力を!こころの要素があることを知り得ることができますと!こころが活発に動き始めます。

つまりご自身の性格とは?ご自身の意識活動だけでははなく!心の全体性になりますから、ご自身の意識の方向性も含めて、無意識的な動きも含めてセラピストは自分の心がどのように動く(働き・人にどのような影響を与える)のか?つまり心の全体性を知らなければいけません。つまり人の無意識活動を理解できないとセラピストにはなれないということになります。例えば夢分析とは無意識の発言ととれる大切な方法ですね。私の場合はどうしても生命感情に重きをおくタイプ(性格・運命)ですので!理性・思考力に常に注意をはらいます。つまり人は自分自身の、私は感情ベースのこころに!他の機能コンプレックスが上書きできたときに!魂という生命感情がシンクロを始めます。生きているという実感が自然に沸いてまいります。

ここまで理解していただければ、当教室では生徒さんとのセラピストプラニングに入ります。あとは花の技術の問題と心の働き方の理解(人間心理)とに整理することができます!その技術と心の理解をご自身が持つ心の構え(性格)の上に上書きしていくだけですね!つまりご自身の心のベース(生きてきた経験)を生かすことで!初めて花セラピストとして社会に重要度(社会との関係性)がましてまいります。当然学校教育のような方法では何年あっても足りないわけですね!この方法は他の教室ではできない当教室のオリジナルな方法ですので!

お教室開設環境!

  1. インタネット環境(ホームページ必須・当教室でもアドバイス可)
  2. 応接間など数人の生徒さんがレッスンできる環境!(貸会議室等でも可・花セラピーでは10人以上は無理です)
  3. お花の経験!なくても大丈夫です。(当教室でプロ対応の花療法の技術をお伝えします。)
  4. 当教室の心理学教本を指定いたします。(本の名前を指定いたしますので!アマゾンなどでご自身で購入していただきます。)
  5. 独立のときのネットレッスン環境!(将来独立したい方は!ネットレッスンなども視野においておかなければいけません。お花の実技は集中レッスンなどで身につけることができますが!心の問題は迷ったときに日を置かずに聞けるという環境がとても大切になります。
  6. 花仕入れ関係ご紹介!(中央花市場・東京太田市場・全国配送可能なブリザーブドフラワーの仕入れ先ご等ご紹介)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a.aaaaaa930serapi250aa.jpg

最後になりましたが!うまく理解できない方の場合に!つまり花セラピストの場合、自分の心の振る舞い方を知らないことに多くの原因がございます。つまり自分と似た人のこころは理解できても!似ていないこころの動き方をされると!自分の心がパニックに陥ってしまいます。世界は多様なこころの働きで満ちているわけですね!ですから心理生活を仕事にするものにとり、ひとりでに動いてしまう!こころを含めて、自分の心の振る舞い方を知ることが良いセラピストになる最短の道なのですね!(こころの構え方)花セラピストの道を歩んでくるのに大変な遠回りをした私にはそのことが良く理解できます。

つまりこのご自身の心の見えない中心構造さえ理解していただけますと!お花とこころがどのうようにリンクしているか理解できるようになります。お花の技術は大切ですが!あくまでこころの振る舞いかたがお花を導いてまいりますので!技術の理解も意識機能の応用の範囲のなかに入りますので!ご自身にあったアレンジメントであったり!投げ入れであったり!山歩きであったり!オリジナルなカリキュラムをご自身の心の構え方に合わせて構成することが簡単にできてしまいます。例えば独立したときをイメージしてみてください!色々な生徒さんに合わせてレッスン内容を変えていかないとならない場合が現実にございます。そのとき自分のこころの構え方で!分析するわけですから、生徒さんのどういう面を捉えているのか冷静にならなければいけません。つまり自分のこころが見逃していないか?ということに気をつけないと花セラピーはできないわけですね!

これはプロを目指す方に私からのご提案なのですが!ご自身の心の深層を理解(意識化)できてまいりますと!応用範囲がとても広がるわけですね!一見遠回りに見えるのですが!実は最短距離なのですね!例えばウォーキングフラワーセラピーなど!自然環境の豊富な地域におられる方が今度は有利になってきてしまいます。私はコロナで大変ですが人との出会いが人生に変化をもたらす現実(投影)も大切ですし!人との魂との関係する内的現実も大切です。この二つが揃うことで生命精神が活性化してくるように思えてなりません。

花療法・花セラピスト 戸井田 仁