大地と人生!「肉体とアーシング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちはコロナ下大変な生活だと思います。今日はアーシング「大地との関係」をセラピスト的に解説いたしたいと思います。実は夢もアーシングの要素を持っています。実は生命感情的にアーシングを考えていただくとアーシング!大地との繋がりがいかに人間にとり大切か理解して頂けると思います。キリスト教では精神的、肉体的なアーシングの母体!聖水としての肉体との関わりがないとキリスト教自体が存在できなくなると言って過言ではありません。キリストはヒーラーであり人間にアーシングつまり肉体と精神の関係を教える人として人間として降りてきます。

私も山登りしながらお花と大地とアーシングを致します。お花が自然に咲いている姿をみるのは私のアーシングです。私の生命感情にとりとても大切なものです。つまり生命感情(心全体、自己)から、意識感情(精神)へと、いきつく先はたましい生活まで行くことができます。むかしから山登りが好きで、はじめて山で夜明けの太陽をみたときは、今でも忘れられないですが!生きてるという肉体的、生命感情(生理的感情を伴う)とともに体が震えるのを今でも忘れません。

現代文明は大きな間違いを犯しています。つまり肉体と精神のつながりがほとんど理解されていないのですね!京王線の事件をみればあきらです。精神現象のマスターベーションが起きているのですね!精神が肉体を忘れて(自我生活、意識生活)断片的に動いています。つまりたましい生活「精神的なアーシング」がまるでないのですね!当教室でもセラピストを目指す方には、山の中でお花がどのように生きているか?をみて頂きお花にも人間と同様にそれぞれの生き方があることを感じていただきます。また山の中でお花をデザインしていただくと!いかに大地の圧力が人間と関係しているか肌で感じていただけます。また川などで疲れた足を冷やしたりすることもグラウンディング!血流を良くして肉体とともに精神的にも良い効果を生み出します。つまり地に足のついた生活!肉体と精神の地に足をつけた幸福感が現代では分裂してしまっているのですね!特に45歳をすぎたころからたましい生活(精神生活・個性化生活)に入ることが良いとされています。

実は幼児(3歳から4歳まで)は夢はほとんど見ません無意識との空想活動がメインです、つまり大人のように意識生活はまだないからです。夢を見ることは大人への始まり、意識活動、自我の始まりなのですね!当然眠ることは幼児にとり無意識生活に帰ることですから!自我が動き始めて意識生活がはじまり始めて夢を見始めるわけですね!実は家庭生活、家族生活というのは精神的バリアーの中にいることを意味しています。つまり幼児は意識的家族生活に入るための無意識生活とのマッチング作業をしているわけですね。ママを意識に取り込む作業です、パパは後回しなのですね!優先的にママが最初です。ママゴト遊びも(未来要素図、男の子はロボット遊び等)イニシェーション、つまり無意識生活からのイニシェーション、イメージメッセージなのです。

ところがセラピストが気をつけなければいけないのは!アーシングを強く感じるタイプとあまり感じないタイプの方がおります。つまり精神的、霊的能力が少ない方も現実におられます。またアーシングは精神的、霊的、感覚が強い方は強い方で誤解が生まれやすくなります。強い方はアーシングだけで満足してしまいやすくなりますので、意識生活の偏り、たましい生活までいけなくなる方も多いのですね!フラワーセラピー自体がアーシング効果を秘めています。初恋を感じるまで!他人との異性との関係が始まるまでは!家庭という家族に見守らている精神的なアーシング世界にいるということなのです。次は肉体と精神の異性との社会的アーシング関係に行くわけですね!

お知らせ!

全国に出張セラピー、講演活動もしておりますのでよろしくお願いいたします。とくにママの世界観はお子様の人生に強く関係してきますので!おこさまにママの世界観を押し付けてしまうとストレス、お子様の独自の世界観を導きだせなくなりますので気おつけてほしいことの一つです。

本年はセラピストの予備段階としてネットレッスン、また一般の方にはネッツ会員(有料)を募集いたしますのでよろしくお願いいたします。

花セラピストに関する質問、セラピストに関する質問などお気軽におよせください。実技レッスンは東京成城で集中レッスンを予定しています。

花遊 フラワーセラピー代表 戸井田 仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*