カリスマ現象(機能)と人生の関係!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は会員向けサービスとして限定公開いたしますので!会員の方はファイルNO21をご覧ください。カリスマ現象と人生の関係は現実の人生にとりとても重要です、セラピストはこのカリスマ機能を知らないとセラピストの仕事はできないと言っても過言ではありません。年会員になっていただくと購読が可能となります。                 花セラピスト 戸井田 

内容の一部を掲載

今日はカリスマの解釈についてどのような点を注意しなければいけないかを!まず男性的なカリスマ現象からみていくことにしましょう!このカリスマ現象はすでに自我ができるころから始まります。「4歳ぐらい」心理学では投影と言ったほうが良いでしょうが!カリスマ現象と言ったほうが解りやすいので!カリスマ機能ということをセラピストは理解して頂きたいのです。男性と女性ではこのカリスマ現象はまるで違います。つまりカリスマのエネルギーの出どころが女性と男性では違うということを理解する必要がセラピストにとり不可欠です。また同性を分析するほうがこのカリスマ現象は比較的楽です。しかし投影という問題がこのカリスマには深く関わりますのでそのことに注意してください。カリスマ現象は誰かにあこがれたりすることだけではなく!人生の中で意識化してこそ価値があります。

では実際に起きた事件から分析してみたいと思います。先日小田急線内で男性が複数の人を襲うという事件が発生いたしましたが!この事件も性コンプレックスの未発達と深く関係しているように思われます。女性性を意識化するには不可欠な自我機能が発達「無意識」しないために!カリスマ現象が起こらないので女性性が意識化できないので本人も生のエネルギーが無意識にたまり続けてしまいます。つまり知識(勝ち組)だけが空回りを初めてしまいそのエネルギーが母性イメージとしての女性全体のイメージとして女性に向けら観念爆発を「高エネルギーの無意識が観念爆発する」起こしてしまいます。36歳にもなるのに性コンプレックスが意識に消化されないということが起きるわけですね!つまり性を理解していないので、人を愛するということのエネルギーが人生において展開していかない状態です。女性の皆様はとても怖いですね!現代の男性は知識から体験と言うカリスマ現象に展開していかないので危険な事件が増えています。 女性のカリスマ現象についても会員ファイルでは掲載しています。

    

花セラピスト 戸井田 仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*