何故こころは自由にならない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラワーセラピーもお花の本能「生付き」を見ると!心が震えてくる!お花はまるで!人間の魂のようである。お花にもいろいろの咲き方!人間の人生のようなものがある。例えば梅は男性のような咲き方をする。花がさくにも!まるで人間の魂が動きはじめるようにそれなりの年数がかかる。このお花をセラピーで生けるとやさしい女性でも、別の一面が出てくる。

私たちのイメージも!動物と同じように本能イメージを成長させ意識に進化させることができる!本能からは逃げることはできない!人間も動物的な縛りから逃げられないから心は自由にならない!だから意識は様々な意識があるように!意識が発達するから人間であることができる。このように結論から言ってしまえば花セラピーなど必要なくなる。ところが人間の成長は実に遅い!当然と言えば当然なのだが精神の成長にはとてつもない時間がかかるからだ!成長しないで人生を終えてしまうのが現代ではほとんどなのかもしれない!アンガーマネージメントなどのように古いタイプのセラピーでは分裂を防げない、対処療法で終わる場合が多いのではないだろうか!セクハラ、パワハラから自由になれない男性もものすごい勢いで増加している。つまり本能のように反応してしまうので!意識のようにコントロールできなくなる。意識に統合できない。

花セラピー・フラワーセラピーは現代的な意識の仕事といっても過言ではない!正常に多様な意識が発達しているか否かの判断をする。当然花の勉強と心理の勉強は不可欠であるから仕方ないが!自分の才能とも関係しているので面白い仕事であると言える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*