コロナが社会を破滅させるわけ!「関係性への攻撃」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナが襲うものとは!いったいなんなのだろう!科学では証明できないものを襲うように思う。セラピストが分析すると別のものが見えてくる。合理だけの世界の恐怖が見えてくる。人間の共同体つまり動物的な群れの世界・関係性の世界だ。都市・町・村・家族・あらゆる関係性を襲う。バランスのとれた関係性がなければ大人になれない!変異できないその関係性を襲う!

特に都会というモンスターを作りすぎた。動物的な都会を!アダムとイブの人間の関係性を捨てた国は亡びるのではないだろうか?日本も経済があやうくなってきた。自然の法則は愛を捨てたものを救うことはない。

人間は経済だけのグローバル化という大きな過ちを犯したのではないだろうか!歴史を捨てた国が!中国人がコロナを運んできたとも言える。つまり田舎の風土病が!グローバル化という人間の心が、満足を知らない関係性がこの心のデフレ「安い価値」がこのコロナを招いた。どこでもかしこでも開発を続け!自然を冒涜するものは自然に殺される。医者は歴史は考えられないが!セラピストはこころの歴史を考える。

グローバルの世界では自分の顔がなく!人と溶け合ってしまっている実に恐怖の世界でなかろうか。一人でいられないのは自分の関係性を持たないからなのかもしれない。人という中心・動物と人との境目がどこにもない。この異常な関係性・つまりグローバルな世界をコロナは襲う。

セラピストは必ずこの人が持つ!不思議な能力(無意識・イメージ能力)に突き当たる。感情移入もそうだし!概念能力・考える力にも突き当たる。知的感性も直観能力も!また無意識という大きなエネルギーを抱えて誰しもが生きている。有名なヤヌスの顔が良い例であろう過去と未来はつながり現在はつねに過去となる。歴史の空間的・時間的呪縛の中を人は生きている。人は考えることが好きな人・感じることが好きな人・まさに様々である。ただし感じたり、考えたりすることができるのも無意識のエネルギーが体に遺伝しているからだ。ウイルスも自然に変異するが人間も生命であるから人生の中で多くの遺伝的な変異を繰り返す。肉体とこころの関係が変異しながら成長していくということを!セラピストと心理学者しか知らない。

遺伝的な能力(イメージ能力)つまり歴史がなければ人は恋もできない。こども達もこの歴史(遺伝的能力)に包まれ生きていく。そのまたこども達もこの遺伝的・歴史的能力で愛をしることができる。無意識のエネルギーがなければ人は滅びる。戦争が良い例ではなかろうか!関係する能力がないと現代のように満足できない妄想が始まる。

コロナは人間の群(関係性)の能力・根源的な関係する能力を襲う病気だ!実に自然は良くできている人間が汚した地球をコロナはまるで守ろうとしている。人類を滅ぼしにかかるようだ。人が一人生活するには一日に200リットルの水が必要とされる食料の水を含めてであるが!写真の女性の目の中には町が映し出されている。町とは人間関係でできる。寄り添いながら(関係しあいながら)しか人間は生きることができない。町にいた人間が一人・無人島に行けば必ず気が狂うと言われる。つまり人と人との間と書いて(人間関係)人間が成立する。スェーデンのように性犯率が世界2位なのは心理学者かセラピストでないと理解できない。満足するには人との本当の関係性なしにはありえない。中国のように歴史を捨て!歴史を捨てれば同時にイデアも捨てることになる、つまり老子も孔子も捨て去る。イズム化だけでは欲望しかのこらない!世界は終わるかもしれない。誰が恋もできない香港へ行きたいだろうか?イギリスの香りがする香港!歴史はこのように終わっていく!自由がない香港など行きたい人はいないのではないか?自由のない街に生命は生きることができない。動物も自由がなければストレスで死ぬ。

人間は他の動物と違い!分裂可能性を持つといわれる。神経症・精神病・ストーカー・煽り運転・パワハラ・すべて分裂と関係している。アンガーマネージメントいうが分裂してからでは遅いのではないだろうか?アメリカの心理学にはどうも古さが偏りが目立つように思えてならない。集合的無意識との乖離がはげしいともとには戻らない。理性一面性の古さだ、想像力がまるでない。科学では証明できない領域が存在する、墓のない国はほとんどない!先祖崇拝は現代でも行われる心の儀式である。次世代でも宗教はなくなることはない。人間のほんとうの性質を知るには意識心理学では不可能だ!無意識心理学がなければそれでも未知の絶対的世界が残る悟性では解明できない。生命の背景に必ずある背景が無意識の世界だ!その世界がなければ生命はこの世に誕生できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*