時間に閉じ込められる意識生活!「ユングに見る共時性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの生命は!時間に閉じ込められているという。人類は遺伝子を超えることはできない!つまり肉体も精神も時間に閉じ込められていることを多くの人は知らない。セラピストは知らねばならないことなのかもしれない。肉体のはかなさを!死を目標にして肉体のはかなさを知ることができる。また愛が普遍性をもち歴史をまたぐことを知ることができるのが!遺伝子イマジン群の存在である。人々の悩みはこのように社会つまり時間の集合性・閉鎖性から出てくることが多いことをセラピストは知るべきなのかもしれない。コロナでは関係性を!実行再生産数を5割まで減らさねばならない!グローバル化しすぎたことが人類を脅かしている。時間の閉鎖性を無視しすぎたのかもしれない。

愛は普遍性を持つから、時間のしばりを受けない!こども達にも愛は遺伝していく!つまり普遍的に意識の枠を超える。こどもたちも遺伝子を持つから恋ができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*